FC2ブログ

たいしたことない日記

オリジナルイラストと自論な日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大好きなゲームを紹介する

好きなゲームを紹介する。ただ、それだけ。

psソフト

ブレイズ&ブレイド
~エターナルクエスト~

株式会社T&Eソフト

今はなき、T&Eソフトさんの隠れた名作。
マニアックなファンが多く付いていると思います。


ゲーム内容
・4人同時ぷれいかのうアクションRPG
・最初に個性豊かな職業を選ぶ。
・男女での差は無し。
・見た目は固定されており、色変えが4種類くらい。
・クラスによっては特殊技能があり、進めない路を開けてくれる
っていうちからがあるが、なくても積むことはない。宝箱があるとか、ショートカットができるとか、それくらい。
・口調、属性、能力値ボーナス振り分けなどのキャラクリエイトが特徴的で面白い。
属性によって最終ステータスの数値が変わったりと、なかなか深い。


物理系

ファイター
=物理無効にする盾(防御中は歩行不可)と剣の使い手。十字キーと
同時押しで剣からウェーブが出るが、短すぎて使いづらい。
物理パワー型、近距離だが振りも速く使いやすい。

シーフ
=移動速度が速く、○ボタンを押すと3mくらいダッシュできる。(押しくだしではない)
また、鍵のついた扉を解除できたり(これは結構出番多い!)宝箱のトラップを解除
できたりと特殊技能が満載で割と操作しやすい。
軽装備で短剣なので、リーチは短い。
強さはお察しだが、使いやすいキャラ。

ハンター
=移動速度が中ぐらいに速く、状態異常を回復できるハーブを使うことが出来る。
また、獣道を発見することができるが出番は少ない上にほかのキャラでも自力でみつけられる。
軽装備だがハンターってだけあって遠距離攻撃が可能。
飛んでる敵もジャンプ攻撃しなくても当てられるが、少しウェイトがあるので難しい。
武器によってその難しさが変わるので楽しい。

ドワーフ
=ファイターと同じく物理無効にする盾と斧の使い手。
ファイターよりもさらに上回る物理パワー特化型。
また、岩でふさがっている路を壊してすすめるという特技もある。
移動速度が遅い。


魔法系
魔法をマニュアル操作で楽しさ倍増!
セレクトを押しながらコマンドを入力するという画期的!
覚えられない人でも、○ボタンに1種類だけセットして長押しするオートモードもある!


ウィザード
=多彩な攻撃魔法が使える。序盤の魔法を覚えない時期がツライが、新しい魔法を
覚えて試せるのがめっちゃ楽しい。
物理攻撃はリーチが短く、振りもそんなには早くない。
ドワーフと同じ移動速度。


プリースト
=回復やバリアーなどのサポート特化。
聖属性の攻撃魔法もあるが、邪属性系にしか効かない。
序盤や1人プレイだと大変。
女性の物理攻撃はリーチがあるけど遅い。

フェアリー
=いわゆるデバッファー。状態異常をつけたり、味方にバフをつけて補助をする。
移動速度がシーフと同じく速い。ちょっと浮いてるので、床ダメージを受けない
けど!立ち止まると受ける。
中距離の物理攻撃を使う。強くはないが、連打が割と早めで攻撃しやすい。


エルフ
=ウィザードの中級魔法までを使える。いわゆる赤魔。
弱い封印のかかった扉を開ける特技を持つ。
移動速度が中くらい。
ショートソードのリーチは少し長めだが、ホンの少し遅め。
とても使いやすいが後半でかなり中途半端になりがち。


長所
もう!!もう!!ほんっと大好きこのゲーム!!
1人だと「あれ?クソゲ?」ってなるかもですが、多人数でやってみてください。
すんごいもりあがりますよ。
しかもアクションがなかなかでして、ジャンプで流れてくる丸太を渡ったり、
ブランコに飛び乗ったりとなかなか多彩。
こんなにアクションアクションしてる多人数プレイって珍しいと思う。
しかもエターナルクエストはとにかくマップが広く、冒険感がある。


短所
大好きってだけあって、気になる点もかなりある。
・当時でもやばいって思ったくらいのポリゴンの荒さ(全員三白眼ぎみで目つきやばい)
・ロード、セーブの長さ
・1キャラにつきメモカ3ブロック使用。(PS3でやるといいね!)
・後半強くなりすぎて敵の歯ごたえがなくなる。
・持てるアイテムの少なさ、消費アイテムの鑑定の面倒くささ(やってみないとわからないかもw)
・1プレイしている時のAIのアホっぷり(足でまといなほどめっちゃひどい)
・装備グラが何一つ変わらない。せめて武器だけでも・・・;_;

などなど…。
かなり短所も目立つ作品ですが、みんなでやることで面白さがつたわるゲーム。
なんというか、時代が早すぎた。この作品が1998年ですからね。
スポンサーサイト
[ 2015/11/06 14:37 ] 日常日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。