FC2ブログ

たいしたことない日記

オリジナルイラストと自論な日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フォーエバー☆チーズマン!の物語あらすじ②

またまた今回も前回の続き。
フォーエバー☆チーズマン!のあらすじです。
↓↓↓



平日になり、黒鬼先生にラーメン屋での出来事をたずねるが
「知らない」と言う。

が、実際は黒鬼はしらばっくれているようだ。


・黒鬼パート
ドジで間抜けな臨時教師を”演じさせられている”ような違和感を持ちつつも、
元の性格を出し切れずに生活する黒鬼。
ただ、漠然と「世界を終わらせなくてはならない」という思いだけはあるが
どうしていいのか分からない模様。
そんな黒鬼も、現実世界でチーズマンと出会うというおかしな状況に。
その問題の根源にゼロが居ることをかぎつけてけしかけるも、失敗に終わってしまう。

全く何も解決しないけど、悪くない毎日の生活に「まぁいいか」と思い始め、日常に流されてゆく。



・日常パートその2
完全にゼロを好きになった川田は、アピールするためにゼロの好きな黒髪にし、お弁当を作って渡すことに。
しかし、運悪くその日にかぎってゼロは彼女にお弁当を作ってもらっていた。
暴走した川田は黒鬼に弁当をあげることに。
ゼロから求めていたコメントを黒鬼からもらえて少しグっときてしまう簡単な川田であった。

その帰り道に川田は黒鬼と(なぜか)チーズマンに会うも、黒鬼はラーメン屋に居た時の粗野な性格であった。
そして、夢と現実の混じるおかしな状況について2人で少し話をすることに。
別れ際に、黒鬼は今の自分をDarkと名乗った。


後日、学校に夢の中で追いかけてきた黒い影が現れ、黒鬼が飲まれてしまう。
助けに行こうと川田はゼロに提案し、ゼロは乗り気ではないものの何とか2人でもう一度夢の中へ行くことに。


・夢パートその2
夢の中で丸い猫を拾い、さらにチーズマンとも出会い4人?で黒鬼を探すことに。
猫が導く先に黒鬼(Dark)がいるも、ゼロが助けることを嫌がり、チーズマンをつれてその場を逃走。

川田と猫で出口を探すも、とり人間に襲われ勝負をすることに。
温泉たまごを川田とDarkどちらが上手に作れるか対決するも、Darkが負けてしまい更に夢の奥底に落とされる。
だんだんと空気が悪くなり、川田とDarkがケンカしそうになったところでゼロが戻ってきたが状況が悪くなるばかり。

その二人の間に入ってケンカをとめたのは、まさかの猫(から出てきた妹の美月)であった。

ゼロと美月はこの不思議な夢の世界を渡り歩くことができるというも、出口までは分からないらしい。

もう一度Darkは生還をかけた勝負に出るが、対戦相手はゼロで、合コン盛り上げ対決。
勿論Darkが負けてしまったため、Darkは夢に取り残され、川田とゼロと美月は元の世界に戻るのであった。


・日常パートその3
川田も含め、記憶から黒鬼という存在が消えた世界でまた日常が始まった。
相変わらずゼロに恋する川田は、まいの手助けにより告白を試みるも、途中で美月が乱入する。
この世界軸では、美月はゼロの姉であった。
しかし、美月にも後押しされて川田はゼロに全てを告白する。

そう、この世界も何もかもが”ゼロの夢ではないか?”という事を。

・ゼロは現実世界には存在しておらず、Darkの精神に寄生している存在。
・夢も日常もすべてゼロの妄想の世界。そこにただキャスティングされていただけだった
 川田=クラスで一番可愛い子。下の名前は特に必要なかったから出さなかった。
 黒鬼=自分が寄生している宿主なので妄想に出てきて欲しくなかったが
     どうしても出てくるから邪魔にならない程度にドジっことして配役。
 美月=美月が6歳の頃(ゼロが5歳)生き別れていたため、妹として配役。
・夢の世界はそれぞれの人間の本当の夢世界であったため、
 夢の住人はゼロの夢に取り込まれないよう、本人を夢の中にとどめておきたかったようだ。
・追いかける影は世界をリセットするためのもの。ゼロの意思。


全てを悟られたゼロは観念して、川田を元の世界に戻すことに。


という流れ!!

長いけどまあ、いいや。自分が楽しければ。笑

次回はさらに深く物語の補完をいたします。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。